読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生思春期。

1987年と7月11日が大好きなブログ。

関ジャニ∞元気が出るLIVE大阪オーラスに入った。

※これは横山ファンがつづる個人的な感想です。いろいろ思う方いらっしゃると思いますが、あくまでも個人的な感想ですので…。

 

LIVEが終わった瞬間、文字に書き起こしたい。

自分が今見たこと聞いたこと感じたことすべてを記憶していたい。

 

そう思うくらいメンバー、ファン、スタッフ一人一人からの熱量が爆発していた。

 

全ては大倉忠義のために、大倉を楽しみに1年間頑張ってきた大倉ファンのために、ここに集まったすべてのeighterのために、ここまで一緒に駆け抜けてきたスタッフの頑張りのために、そして、6人でコンサートを行うことになったメンバーを支えるために。

 

開演時刻は16時。

しかし、なかなか始まらない。知人に誘われ、大阪の初日に入っていた私は、あれ、あの開演前の注意CMも流れないし、どうしたんだろう。ジャニーズにしては開演送れるのは珍しいなぁと思った。後ろの席の女性は「オーラスだし、こっからもう演出違うんかなぁ!」とみな、様々に開演前のドキドキを楽しんでいた。

 

しかし。そのドキドキは一転する。

客席がざわつく。ふとステージを見ると、黒っぽい男の人たちが6人。すぐさま、状況を確認するため、野鳥の会をする予定で持っていた双眼鏡をのぞく。

「え、6人しかいない」「誰?」「え、私服なん?」「あれ、たっちょんがおらんねんけど。」

口々にファンがつぶやく。

そこで、ヒナが口を開く。

「えー、お集りの皆さん・・・」

私ここら辺で、もう骨折、いやSMAP的事態…とか考えてしまって、泣きそうになる。

すごく動揺してきちんと覚えてはいないが、

「大倉がいない」「昨日のラジオから少し痛かったみたいなんですが」「急性の腸閉塞」「直前まで出たいと本人は言っていた」「公演にでることはドクターストップがかかった」

ここら辺のキーワードさえ聞けば、わかった。あぁ、腸閉塞で大倉君はでれないのか。

「六人になってしまうんですが、今日コンサートしても、、、いいですか?」

「ファンのみんなに決めてもらおうと思って」

きっとこの選択迷った人もたくさんいたと思う。でも、拍手の波はすぐに会場全体に広がった。

「たぶんコンサートしたほうが大倉も喜ぶと思う」

「全力でやるから」「45006人で全力で盛り上げよう」

「じゃあ、俺ら着替えてくるから!!」

ファン拍手。こうして、今回のコンサートは始まることとなった。

 

関ジャニ∞の着替え待ちの間には、あの開演前注意CMも流れた。

全く頭に入らない。すっごくおもしろいのに。

知人と「腸閉塞って本当に大丈夫なんかな、ビデオ撮りとかどっかでしてたっけ、バンドはどうなるんだろう」と次から次にあふれだす不安を話していた。

 

そしていつも通りの大正駅から歩いてくるエイトの映像。

 

おおくらがおる・・・。

 

もはやあの瞬間、あの会場で全員が思ったことだった。映像に出てくるだけでこんなに愛おしく懐かしく感じるなんて。

 

そして円陣

マル「大倉の分まで声出せるかーーーーー!!!」

ヒナとすばるがマイクを客席側に向けている。

もうここからは感情が爆発した。

そっからのキングオブ男のかっこよさ。6人でライブのオーラスを終わらせる、ファンの前に立つと決めた男の姿ってこんなにかっこいいのか。大倉のポジションがきれいにあいていた。

 

ん。横山さん大倉さんの衣装だ。。。横山さんそういうの口に出さないタイプだけど、そういうのしてくる。

 

キングの間奏で村上安田大倉の場所で、再び大倉君がいないことを実感。

そして大サビ。

亮ちゃん「愛する大倉のためだけ、すべてを敵にしても守る」

え、亮ちゃん?!?!?!?!

すばる「愛する大倉のため、並みならぬ涙のたまもの

はぁ。大サビでそれやられたら、もう大倉のため盛り上がるっきゃない。

 

そっからは大倉のためのコンサートです♡(メンバー曰く壮大なコント)

(※語調変化します♡)

あおっぱな。

安田「大倉にもこの声聞こえるから、おおくらー!って言ってー!せーのおおくらー」

おおくらー/

(お腹に隠した大倉団扇を見せて)にんまり

あぁ、大倉愛されすぎてる。

マルちゃんは大倉大倉すぐに歌詞にいれちゃう。

もんじゃいびーとで、兄組弟組で別れるんですけど、全員団扇持ってるの可愛すぎでしょ。

 

バンドはどうなるのかと思っていたら、たっちょんのドラムの席は空いたままでバンドの方が、いつものバンドの場所でドラムをたたいてらっしゃいました。

バンドが始まる前にヒナちゃんの挨拶があるのですが、そのときにバスドラムの音とか、シンバルの音が聞こえると思ったら、

横山「大倉いっつもこんなんしてるよなぁシャーン/ドンドン/」

横山君がそこにいるの珍しい…。リハーサルでも座ったことないのに。って言われちゃうあたり、本当に6人が全力で大倉の穴を埋めるためにどうするかどう楽しむかどう盛り上げるかをひたすらしていたように感じた。それにしても横山さんの直線的に動くドラムスティックほんとかわいさしかなかった、滑らかさのかけらもなかった。

 

そしてLIFE。錦戸君が大倉くんの大サビを歌う。

すばる「大倉の分まで盛り上がるってー」亮ちゃん「言ったじゃないか!」ニュアンス

からのスタート。Twitterとかにもいっぱい流れてるけど、間奏のセリフ部分は

すばる「大倉、元気が出るライブって言ったじゃないか!」

ヒナ「腸閉塞にならないって」

よこ「昨日まで元気やったやないか」

亮ちゃん「いっぱい食べたら詰まるって言ったじゃないか!」

マルちゃん「言わんこっちゃないー!」

神様2回「おおくらー!!」って言ったのに最後の仏様はちゃんと仏さまって言ってニコってする亮ちゃんもよい錦戸。

このタイミングでのへぶんりもぐっと来た。横ちゃんのトランペットがちょっとくらい失敗したって私LIFEのWind Chime成功した時点で横ちゃんよく頑張ったねってなってた。

 

ズッコケ男道では、横山さんの煽りが定番なわけですが。

基本的に煽りの部分抜かれます。で、ですよ。あの人、カメラに抜かれてる時間帯にTシャツの裾におもむろに手をかけまぁー脱ぎましたよ。確信犯☆

しかもそのTシャツ。投げたんですよ、客席に。わかりますか?そのTしゃつ大倉君の衣装なんですよ???意味わかんなくない横山さん????

よっしゃ一肌脱いだろ→もうあー(投げる)

これが自分の衣装じゃないんですよ???

 

そんで、キャンジャニちゃん。キャンジャニちゃんの3大見どころといえば、村子の前髪の切りすぎby八重歯のきつさ、丸子倉子の絡み、すばこのパンチラだと思うんですが、まぁ一つ目はそのままでした。すばこたん、、、パンチラレベルじゃない。パンモロw気合入りすぎwww見る場所に困るww1曲目終わりにはおろしてくれましたけど、最初の衝撃が強すぎてあと何回回っても全然大丈夫だったメンタル強くなってた。

そんで丸倉。倉子の代わりを安産型安子ちゃんがしていました。これが本当絶妙なかみ合わなさで、本当に逆に面白かった安子ちゃん。

横子「安子あんた急に二重人格になったのね!」って四回くらい聞いた。それくらいキャラ設定意味わかんなくて最高だったし、途中で錦子ちゃんが関西弁出して、関西の女キャラでしゃべってんのめっちゃかわいかった。

横子「丸子あんた倉子が絶対必要ね!」

丸子「ね、絶対必要!!」っての本当に胸が苦しかった。

錦子ちゃんのがびーんっていう流れが来るのを恐れて数分間そわそわしたっていうのもすごく可愛かった。そわそわしすぎてタンバリン回して落ちたやつを村子にとられる錦子ちゃんもかわいい。

そんで時間使いすぎの村子タイム。途中から上からとってるカメラにもアピールしだして、

横子「あんたこれ私たち地獄よ。」

村子「久しぶりねこの三人♡(舞台上には三馬鹿)」

横子「いや、そんな久しぶりじゃ…」

村子「じゃぁー私の好きなところを一人ずつ言ってくれたらはけてあげる♡」

いやそうな顔をする横子とすばこ

横子「じゃあーキラキラした目。」

村子「10ポイント!」

すばこ「笑った時の八重歯」

村子「?ポイント!優勝はすばこーーーー!!!(はける)」

もうこの村子の意味わからなさ最高でした!で、倉子のつなぎは横子が。

倉子の映像を見る二人。「どーんどん」

横子「なんか悲しくなってくるわね笑」

 

ユニットでは渇いた花の終わりにすばるが「ありがとうヒナ」っていったり、よこりょはがっつり握手したり、本当に良かった。

で、お、、、、三人いる???大山田は、、、、すばる!!!!!!!!みんなーーーーーすばるがランドセル背負ってるぞ!!!!!!!!!!!!!!

もうこれがすばるが楽しそうで本当にかわいかった。

そっからのKING。あれ、まださっきの三人いるwww

KINGのバックダンサーの坊主の人を大倉の団扇でたたくすばるはいいおもちゃを発見したかのようでした。そして、KINGを食う三人。

KING「俺より目立ってるやんけ!!」

ここのB系の衣装本当に好きなんですけど、呼ばれて出てくるときに亮ちゃんサイドが一人だけで寂しそうにメイン眺めてたのが本当にかわいかった。ちゃんと亮ちゃんは着替えたもんね。かわいい。

で、KING「腸閉塞の」って入れないでくれ笑う。

もうここらへんになるころにはエイト腸閉塞を笑ってほしいネタに化してた。

でも、このB系の衣装の横山さんのカッコよさ。基本的にスタイル細身の衣装ばっかりなのにだぼだぼ可愛すぎかよ~~~~。LOVE&PEACEでKINGを指さすのもかわいいね。

 

WASABIも全員がしがしおどっててほんとうにかっこよかった。ちなみに映像のWASABIはマルちゃん。

で、もう一度バンドKANJANIEIGHTの盛り上がりがすごすぎて、やばかった。侍唄の前にすばる挨拶。ここで涙があふれる。

笑い飛ばせって言ってないとやってられないくらい本当にしんどい状況だろうし、急きょ過ぎて、不安でいっぱいだっただろうし、でもピンチはチャンスって言ってたようにその通りで。もっと上を目指すっていうすばるの言葉。本当に心に響いたし、ついていきたい。どんな未来を見せてくれるんだろうって思った。

 

で、アンコール。気球はヒナが一人になって、やすりょの組み合わせが新たにできてた。

そして、最後に元気が出るSONG

ここは亮ちゃんが曲ふりなんですが、大倉のパートはみんな歌って!大倉に捧げる歌って言った瞬間メンバーが、「大倉たぶんやけど生きてるで」って言っててあぁ、このグループは本当につよいなぁ、笑う力ってすごいなぁって改めて思ったり。

で、マルちゃんも替え歌して、で、大倉パート

「いつもそばにいてくれる君が温かくて

 当たり前がうれしくて

 笑いあってる時間が愛おしくて

 例えば君の明日が見えなくても 支えるから

 

何?壮大な前振り?って思うくらいずっこけポイント。

メンバー「お前のことかいてたんかよ!!!!!笑」

 

ずっと一緒っていうのを大倉君の団扇にみんなが一つに縮こまって言ってるのが本当に愛おしいくらい素敵な時間で。すごく素敵な曲だった。

 

そして、またあおうね~次は絶対七人でって。

 

で、ダブルアンコも

村上「じゃあまた!」

えーーーーー

錦戸「男の美学!!!」

村上「大倉抜きにはできひん」

横山「したって満足いくもんにはできひん、だって六人やから」

またあおうねってことで、それですっきり終わりました。

 

 

 

私の座席の周りには大倉君ファンがいなかったのですが、きっと自分が応援してるメンバー不在でコンサートが始まることはひどくつらいし、何のために頑張ってきたんやって思っただろうし、その周りですぐに起こった拍手にもついていけないだろうし、でもそこで楽しむことが何よりだし、たぶん私みたいなほかのメンバーのファンもここで、一緒に楽しむことを選んでくれてありがとうって思っていたことはわかっていてほしいです。

会場の外で泣いている緑色の服を着た女の子を見るたびに胸が詰まったし、たっちょん、女泣かせんなよ~と思ってしまったけど、それでも3時間あの空間に一緒にいれて、よかったと一人一人に言いたくなるくらいとにかく熱量がすごかった。魂のぶつかり合いというか、個人的にKANJANIEIGHTというのが頭おかしくなるくらい叫んで、本当にぐっときた。

 

本当にありがとう。大倉くん、早く元気になってまたカレー食べたって言ってる姿見せてね!!!!!!ほどほどに。