一生思春期。

1987年と7月11日が大好きなブログ。

【備忘録】参考にしないで欲しいチケット紛失時のすゝめ

 

ひと月、時をさかのぼり、場所は上海。

私は財布をすられた。

 

ボディバッグを自分の前面部に背負い、気づくとチャックが開いていた。

財布だけがカバンから存在がなくなっていた。

 

当初、財布にお守りのように入れていた大量のチケットを家に置いてきてさすが私!現金カード類だけが入っていると思っていた。

 

 

なんとまだもぎられてない舞台のチケットが入っているとは思い出す由もなく…。

 

発券した日、確かテスト期間中で急いで発券してチケットを入れる袋もなしに受け取ったため、財布に入れ、普段なら家の自分の大切なものの場所と呼ばれる場所に置いとくのだが抜き忘れ、ナチュラルに奥に入りすぎてて海外に行くときは大事なものは抜いていくという鉄則にすらひっそりと隠れ、上海にまであいつはついてきたのだ。

 

 

気づいたのは公演日の前々日。

大切なものの場所になく、お母さんが勝手に預かったのかな〜〜などと呑気なことを考えていた。

しかし、いくら探してもなく、なんならタンスをひっくり返した。セブンに発券したか確認にも行った。してた。そこで気づいた。

 

あ、財布の中じゃね??

 

…無理だ…上海だよ…無理…

 

 

検索すると、何やらお忘れ券として入場券的なものを購入して、開演前に席が空いてたら入れると。ふむふむ。

 

即主催に電話連絡。

 

お姉さんは慣れていて

・盗難により紛失

・公演名

・買った場所

・時間

・名前

・電話

・だいたいの席

を聞くと、

「では、10分前くらいにお座席に誰も座ってないか確認していなければ、各入場券9500円で購入していただき、お入りいただくことができます」

 

良かった…見れる…(感涙)

 

 

とのことで、めちゃめちゃ胸をなでおろした。

 

で、開演10分位前に関係者入り口らへんのお姉さんに声をかけると、人はいないのでお金を払って券をもらった。間に合ってくれて本当ありがとう。

 

どうやらたまにいる「チケット忘れた…」民のために、この制度はなされていて家に帰り次第チケットを送り直したら、入場券代が返ってくるとか来ないとか…

 

 

めちゃくちゃ焦ったけど、本当にめちゃくちゃめんどくさいので絶対に家を出るとき、チケットを持ったかは4回くらい確認することをお勧めする。あと、海外に行くときは絶対にチケットを置いていくように。財布の底とかに入ってることある多分。

 

 

 

私の場合はなんとかなったけど、会場主催によってケースバイケースでもあると思いますし、対応はそれにより大きく変わってくると思うので、

良い子は真似しないように!