一生思春期。

1987年と7月11日が大好きなブログ。

NMBの一部メンバー紹介〜N〜

供養記事なので、2017夏に書いたものと思って読んでください…

 

______________

 

こんにちは~!!!!

ササササイコー(という名の楽園のようなライブ)で彩ちゃんに撃ち落とされて見事に沼に逆戻りしました!!!

 

以前、私はNMBに関する記事を書きました

http://ailovenews2.hatenablog.jp/entry/2015/07/16/224713

 

http://ailovenews2.hatenablog.jp/entry/2015/09/10/224920

 

まぁこれ書いたの2015年なんですけど、

まぁ~状況変わった

 

そんで、昔より難波のフロントが知られてなさすぎる!!結婚発表いろいろあったけど、一回センターしたこともある子が知られてないことも辛かったわ!!!

 

というわけで、2017年夏版(とかいってあげてるの冬)!!あんちゅ推しみおん彩ちゃん贔屓目の私目線から送るNMBの推しどころについて書いていきたいと思います!!(勢い)

今のところ全員にコメントしたい!!(勢い)

フロント以外にもめっちゃ可愛い子いること知って欲しいんだ!!

5期生ドラ2めちゃくちゃ熱いこと知って欲しいんだ!!!!!

 

というわけで、はじめます。

 

前は期ごとにくくったんですけど、1期も2期も3期もかなり減って悲しい〇なぴょんなので、チームで紹介します!!

 

山本チームN(黄色)

 

キャプテン:山本彩

f:id:ailovenews2:20170820172803j:image

 言わずも知れた我らがリーダー彩ちゃんです!!!最初は1期を引っ張り、銀河系チームNを引っ張り、さやみるななでNMB全体を引っ張り、そしてみるななが去ったあと、後輩の育成やソロライブツアーの開催と、え、バケモンじゃない??みたいなくらい凄すぎる人。

上の写真見て、さや姉は顎すごくなかった??みたいな人いますよね、可愛すぎて輝きすぎてビックリしちゃうみたいな。上の写真は虹のつくり方っていう甘噛み姫のカップリング曲(次期エース級が歌う未来選抜)をなんと1期で歌った時の写真なんですよ…。かわいい…。私は興奮して「へい!」の掛け声全部間違ってた…

安心してください、顎は出てます。

f:id:ailovenews2:20170820173429j:image

 っていうか、こんなにしっかりしてて凄いんだけどTwitterフォローしたらみんながびっくりすることその1、二次元めっちゃツイートしてくるやん。。。

みたまおとなるっていうNMBにはヲタクがいるんですけど、その2人とよくお買い物に行ってる時点で本気度感じる( ¨̮ )さやゆーりは天界( ¨̮ )ゆきつんの絡みはマジで抱かれる( ¨̮ )本当は甘えたいタイプの人なんだけど、しっかり者っていう感じに見えてるのも、知ってる( ¨̮ )めっちゃ可愛い( ¨̮ )握手地獄なのに対応神( ¨̮ )

あと、ダンスが最高です。。。ラブトリップとかハロウィンナイトみたいな普通に踊れる曲がとにかくかっこよすぎる。あと最近してる赤色のアイメイクめっちゃ可愛いです。

あの彩ちゃんなしliveは賛否があるんですけど、表現次第で全然ありだと思うんです。彩ちゃんがいるとどうしても彩ちゃんが全部持っていくというか凄すぎるんですよ。でも、他のメンバーはめちゃくちゃ個性的で眩しいくらいフレッシュだったりすごいいっぱい色々あって、それをもっと劇場からブログからTwitterから出してほしいっていうのが私の願いです。彩ちゃんのスペックを超えることは難しいけれど、キャラとか表現とか色々あると思うし、そこをもっと打ち出したメンバーが出てきて欲しいです。

5周年は批判多かったですけど、バンドに百合の脚本演出とかなりチャレンジしたと思っています。そういったチャレンジを小さな場所でもっといろんなメンバーがしてほしいです。

 

長い。彩ちゃんの思いはまた別記事で挙げます…さやももはいいぞ…

 

副キャプテン:山尾梨奈(やまりな・4期)

f:id:ailovenews2:20170820174810j:image

何歳だと思いますか???

 

10歳??いやいや、13はいってる???さすがに17???

 

 

なんと22歳!?!?

 

書きながら混乱してしまう幼さですね、みおりん(レモン)と幼い小さいコンビを組んで、ミオリナ動画を上げたりしています。

ロリキャラなのかと思いきや、めちゃくちゃ喋れる!!!NMBの今1番危ないのはしゃべりメンが抜けたことなんですけど、ライブとかもやまりなちゃんがいれば安心です。この子が誰も傷つけずにMCするのうまいなって思います。あとダンスが体が小さい分激しくて可愛い。目がいきます。握手もめちゃくちゃ声でかい。握手会いったらどこにいてもやまりなちゃんの声が聞こえてきて怖い。

 

合法ロリだけど大人でしっかりしたパフォーマンスにも定評のある子を選ぶならやまりなちゃんお勧めします。

 

東由樹(ゆきつん:2期)

 f:id:ailovenews2:20170820181241j:image

とりあえずこれを見てほしい

https://youtu.be/9eI3bNEBcIM

カメラ女子という趣味からゆきつんカメラというものを始めたんですけど、とにかく仕事に結びついてる。あと本当にファンとしてもゆきつんカメラには感謝しかないです…

f:id:ailovenews2:20170820181414j:image

被写体は木下百花さんなんですけど、こんなアーティストっぽいと思ったら

 

f:id:ailovenews2:20170820181502j:image

え~素の笑顔が可愛すぎてびっくり( °_° )

っていう素の表情を写すのがメンバーならではで美しいんですよね。

それで来たのがJTのCMだったわけです。すごい。写真集を作るのを目標にしてるので本当にかなって欲しい。1度生誕に入ったことがあるんですけど、その冊子がとにかく細かくてわかりやすくてファンの方もすごくマメな印象です。

ゆきつんカメラがあることでNMB全体のメンバーLINEグループができたみたいな話してたんですけど、それ凄くない…???

Twitterでは#街中NMBだったり、一日一米だったりの企画をしてるので、是非見てください。

彼女ってカメラだけのイメージになりがちなんですけど、とにかくダンスがかっこいいんです。最近のライブでもダンス選抜に選ばれていて…ますとびーなうというダンス選抜シングルで選抜落ちした時にすごく悔しそうにしてたのが印象的です。だからこそ今回Nに行ったのはすごく私としては嬉しかったです。Nでもっとスキルを磨いてほしい。

 

◎おっとりした可愛らしい感じの子ではありながら、芯に熱いものを秘めてる子が好きな人、あとカメラが好きな人にはオススメします!!

 

 

 ・ここなたん(梅山恋和:5期)

 

名前が最強に可愛い(脱帽)そんで

f:id:ailovenews2:20180205213229j:image

 

お顔も最強に可愛い

いま557たんprprとか言った人全員557ちゃんがツイッター始めた瞬間ブロックされてください。

 

こんなに可愛いし、絶対ちやほやされる女の子が難波に来たことにまず感謝。

そんで、そこまでダンスとかはうまくはないんですけど、着実に上手くなっていくここなたんは成長を見たい人にぴったりです!

 

◎将来NMB48の顔となるような子の成長を見守りたい方におすすめ!!

 

・ゆずは(本郷柚巴:ドラ2)

f:id:ailovenews2:20180205215915j:image

 

ゆずはちゃんは、ま〜〜48的な子!って感じ、48好きな人はみんな好きでしょって思います。

 

ゆずはちゃんはドラフト2期生でチームNに加入しました。

 

そのとき、ある運命のシンメが生まれます。

 

f:id:ailovenews2:20180205213837j:image

 

Y☆U☆Z☆U☆N☆A☆N☆A

 

そう彼女たち2人がゆずなな(ゆずはと西中七海(なーみ))としてNMB48の未来を引っ張る新しい風でした。

f:id:ailovenews2:20180205214019j:imagef:id:ailovenews2:20180205214101j:imagef:id:ailovenews2:20180205214123j:image

 

ドラフト二期生も少しずつ昇格していく中、昇格できなかった2人は研究生のリーダーゆずななとして、研究生を引っ張って行きました。

 

ゆずはちゃんは、劇場に立つことのできない期間があったことから辞めるかという噂が流れたこともありました。その度に、ゆずはちゃんから発信される熱いブログにこの子のやる気をすごく感じました。一方のなーみは、器用な子でなんでも上手くこなすなぁと常々思っていました。

 

そんなある日、なーみちゃんの突然の卒業発表。実はNMB48の組閣でなーみちゃんはMに行くことになっていました。なーみちゃんとしてはNとしてドラフト加入したという思いもあったのだと思います。その日のゆずはのブログに全てが詰まっています。

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/nmb48/entry-12286386918.html

 

これからもいろんな人の思いを引き継いでいくであろうゆずはちゃん、その思いを全てゆずはちゃんから発しられ、自分の思いを込めることができるようになる時、ゆずはちゃんは難波のエースになるのではないかと思っています。

 

不器用な子だけれど、熱い気持ちがあって、相手のことをちゃんと考えることができて、何よりNMB48が好きなのがゆずはちゃん。もっと輝きますように。

 

◎48が好きな人

 

ってとこまで書いて、夏の私は疲れてます!また書きたくなったら追記します!

とりあえず今書くつもりなのはみおんとあんちゅとれーちゃんとおすずとりかてぃーと梓と…ってバレたと思いますがB2推しなので、B2で記事あげます!!

 

大橋担になって生きてて楽しい〜話。

2/4 19:45。ただ今成田空港です。

お久しぶりになってしまい、すみません。覚えてないかもしれませんが、淳太担だったはずのふらっとといいます。

しばらく書かない間に関西ジャニーズジュニアの大橋和也くんに落ちました。プリン大好きらしいです。ダンスがすっごく上手で、場の雰囲気をほっこりさせるプロです。そして久しぶりに書くとはてブロってこんなに文字でかかったっけ?って思ってます。できる限り心に残った日のことはちゃんと自分のためにも書き残そうと思います。

 

さて。

昨日から市川市文化会館にて、「リューン 風の魔法と滅びの剣」が上演されています。

 

そこに大橋和也くんと藤原丈一郎くんが関西ジャニーズジュニアより出ています。

 

はじめて情報を聞いたとき、私はアメリカに母といて、弱いWi-Fiを使って、ツイッターで知りました。確か日本は朝でアメリカは夕方だった。思わず叫んで、周りのアメリカ人にどうしたんだ?と言われ、推しの説明が出来ず、好きな子が舞台に出るの!みたいなガチ恋オタみたいな答え方をしました。嬉しかったなぁ。

 

そこから、クリパも7人で毎公演丈くんとリューンの宣伝をさせてもらって。台本ももらってないから、すんごいミュージカルってことしかわかってなくて、最初は風の魔法と滅びの剣すら言うの危うかったのに、次第にちゃんと回る順番通りに言えるようになっていく大橋くんが可愛かったなぁ。ソロももらえて、見たい世界を見れちゃって、今までバックの先頭両端にいてマイクはないけど歌いながら踊ってるだけで幸せだったから、お腹いっぱい!幸せをありがとう!って感謝した。

で、クリパが終わって、リューンまで残り1ヶ月と言うところで、リューンの稽古が始まり、2人は東京へ行きながらあけおめコンの練習もして。生きてて楽しいとか本当に幸せな子やなぁって思ってたけど、影の努力がやっぱりすごいなぁと思って、頑張れって念を送って、まぁあけおめも最高でした、本当に幸せラッシュ。

 

でリューン稽古では崇人くんとかから2人の様子がわかって、感情が入って思わず泣いちゃう大橋くんとか居残り練習する丈くんとか、本当に念を送るしかないけど、とにかく楽しみで仕方なくて、雑誌も2人の露出が増えて、2人で何ページもある雑誌なんて、、なんて贅沢なんだろう。となんど思ったか。

 

 

そしてついに昨日。リューンの幕が落とされました。市川市文化会館、想像より全然広くて、かほちゃんのファンの方や崇人くんのファンの方ももちろんおられて。パンフレットを買って劇場に入った瞬間、今からこの座席に座る人の視線全てが2人に向けられる瞬間があると考えた瞬間、急に実感が湧いて。

 

暗転してぽつりぽつりと舞台上の演出が始まって、そこに存在する大橋くんは今まで見ていた大橋くんじゃなくて、すごく裏切られたと感じました。一言歌うだけで会場を飲み込む力、表情一つで複雑な思いを表現するところ。知ってたけど、知らなかった。悔しいです。私自身が可愛い大橋くん以上のものを求めれると思ってなかったのかなって思いました、想像を超える力、人を惹きつけるセンス、抜けて心に入ってくるハイトーンボイス、すべてが私の見たことあると思ってたけど、みたことのない大橋くんでした。カーテンコールはめちゃめちゃ知ってる大橋くん、ありがとうございましたすら噛む。(かわいい)(激甘)

 

叫びたいです

 

 

 

 

生きてて楽しい〜〜!!!!!!!!!!

 

 

 

私は大橋くんのスゴすぎるところを知ることができた時点で人生happyだし、生きててよかった〜〜って感じました(小並感)ファン歴の浅さとかあまり気にしない人間なので、このハッピータイミングで大橋くんを好きになれるなんてなんて幸せな人間なんだ???くらいまではいってます。大橋くんを好きになって5キロ痩せました。もっと痩せたいと思います。より良い生活に影響を与えてくれる大橋くん生きててありがとう!

 

あと、リューンに関しては、ざっくりいうと大橋くんとか丈くんは村焼かれ芸人なんですが、ある時大橋くんが村焼きに転じ、その大橋くんを丈くんが殺しに行く…なんやこれ??ジャニヲタみんな好きなやつやん???

 

ってことで、

リューン風の魔法と滅びの剣!東京とかまだあるから興味ある人は見てね!!!

永田崇人くんめちゃめちゃぺろいし、かほちゃんは超声が綺麗でおてんばでかわいい!!あと丈橋が愛されてる〜〜!!!

http://md-ticket.pia.jp/piasp/sp/musical-r/musical-r18web.jsp

 

 

村焼き大好きな人みんな見て感想を共に言い合いたい(リューン終わるまでに考察あげるのが目標…)

 

ではでは

 

【備忘録】参考にしないで欲しいチケット紛失時のすゝめ

 

ひと月、時をさかのぼり、場所は上海。

私は財布をすられた。

 

ボディバッグを自分の前面部に背負い、気づくとチャックが開いていた。

財布だけがカバンから存在がなくなっていた。

 

当初、財布にお守りのように入れていた大量のチケットを家に置いてきてさすが私!現金カード類だけが入っていると思っていた。

 

 

なんとまだもぎられてない舞台のチケットが入っているとは思い出す由もなく…。

 

発券した日、確かテスト期間中で急いで発券してチケットを入れる袋もなしに受け取ったため、財布に入れ、普段なら家の自分の大切なものの場所と呼ばれる場所に置いとくのだが抜き忘れ、ナチュラルに奥に入りすぎてて海外に行くときは大事なものは抜いていくという鉄則にすらひっそりと隠れ、上海にまであいつはついてきたのだ。

 

 

気づいたのは公演日の前々日。

大切なものの場所になく、お母さんが勝手に預かったのかな〜〜などと呑気なことを考えていた。

しかし、いくら探してもなく、なんならタンスをひっくり返した。セブンに発券したか確認にも行った。してた。そこで気づいた。

 

あ、財布の中じゃね??

 

…無理だ…上海だよ…無理…

 

 

検索すると、何やらお忘れ券として入場券的なものを購入して、開演前に席が空いてたら入れると。ふむふむ。

 

即主催に電話連絡。

 

お姉さんは慣れていて

・盗難により紛失

・公演名

・買った場所

・時間

・名前

・電話

・だいたいの席

を聞くと、

「では、10分前くらいにお座席に誰も座ってないか確認していなければ、各入場券9500円で購入していただき、お入りいただくことができます」

 

良かった…見れる…(感涙)

 

 

とのことで、めちゃめちゃ胸をなでおろした。

 

で、開演10分位前に関係者入り口らへんのお姉さんに声をかけると、人はいないのでお金を払って券をもらった。間に合ってくれて本当ありがとう。

 

どうやらたまにいる「チケット忘れた…」民のために、この制度はなされていて家に帰り次第チケットを送り直したら、入場券代が返ってくるとか来ないとか…

 

 

めちゃくちゃ焦ったけど、本当にめちゃくちゃめんどくさいので絶対に家を出るとき、チケットを持ったかは4回くらい確認することをお勧めする。あと、海外に行くときは絶対にチケットを置いていくように。財布の底とかに入ってることある多分。

 

 

 

私の場合はなんとかなったけど、会場主催によってケースバイケースでもあると思いますし、対応はそれにより大きく変わってくると思うので、

良い子は真似しないように!

 

 

 

石塚朱莉がやっぱり好きです

 

10月19日久しぶりにNMBのコンサートに行きました。

 

ネガティヴモードになって一時は離れることを覚悟しましたが、組閣が決まり最後のチームを見たい感じたいと思って行きました。

 

f:id:ailovenews2:20161020021114j:image

一言で言うと石塚朱莉が超かわいかったです。

 

右にしてるリングは私がすごく好きな曲なので、あんちゅがサビ前で歌うのを今か今かと双眼鏡で覗いたりしてみて、ピークはあの矢印のついた手で上を指す姿が本当にかっこいいなぁと思わず惚れ惚れしてしまいました。

 

そんな中、コンサートの最後に選抜発表が行われました。

 

「植村梓」

の段階で私には結果がわかりました。

 

アカリンが名字最後いやー!と言っていましたが私は最初も最初で残酷だなって思いました。

 

でも、その時、なんであんちゅが選抜じゃないんだよこのクソ運営!と思うことはできませんでした。

 

なぜかというと、今のあんちゅと選抜の接点が見出せないからです。

 

もちろんあんちゅ自身も生誕祭で選抜入るということを目標にあげてくれています。

私だっていつまでもチームの中堅ボーダー下位の位置に留まってほしいとは思ってません。

 

でも、あんちゅはNMBの中で選抜ではないからといって必ずしも選抜より劣っているかというとそうではないと思うから私は選抜至上主義というものが苦手です。

 

NMBにいる以上、選抜を目指すのは当たり前。もちろんそうです。ですが、石塚朱莉という人が女優としてNMBの看板を背負って2ヶ月もの間劇場を空けて舞台に立ち、人が変わったように表現するあんちゅとして戻ってきた、このことはあんちゅのみならず他のメンバーに対しても何かしらの影響は与えたであろうし、彼女が見てきた世界というのは劇場にたつだけでは経験できないものです。最近でこそ外部舞台への出演も増えましたが、それまでは吉本舞台がほとんどでいわば井の中の蛙の状態。舞台での表現力を持ち帰る石塚朱莉のことが私は誇らしく思っています。

 

あんちゅはきっとすごくすごく優しくて繊細でピュアな人です。アイドルの私たちに見せてる顔なんて全て仕事の顔かもしれないけど、そうだとしても私はあんちゅがすごく優しい人なんだろうなって思います。もっと握手会に貪欲になった方が選抜を目指すだけなら近づけるのかもしれない。申し訳ない話ですが、私は一回行って思わず泣くほど可愛くて憧れのアイドルにあってる話してる背徳感から放心してしまいそれ以来見ているだけの方が楽しいスタンスです。アイドルに話しかけるよりも柱の陰から見つめてたい、そんな私です。でも、彼女は握手会にきて欲しい部数増やしたいと思っているだろうに声を大にしては言いません。私はきっと言われてしまったら義務感が強くなりしんどくなって離れてしまう気がしていて、あんちゅを好きなことによって好きなだけあんちゅを楽しむことができて救われてる、よくわかんないけどそんな状態です。

 

 

でもでも、やっぱりあんちゅにもっとNMBの真ん中の景色を見せてあげたいのは事実です。握手券というお金を払ってお話しすることが彼女に対する愛につながる最短距離だと思います。でも、それがやっぱり苦手な人もいる。あんちゅは決して最短距離で行こうとしているわけじゃなく、少し迂回しながらもそれでもまっすぐ目標を見定めています。

 

私はあんちゅに舞台の中でいろいろな世界に連れて行ってもらっています。

こんな経験できてるファンはNMBの中でも数少ないし、めっちゃ誇らしいです。

自分の推しが主演でスポットライト浴びて一曲歌う姿を見れるなんてなんて幸せなんだろうって思いましたし、またもう一度そんな世界に連れて行ってくれそうだなとすごく楽しみにしています。

 

ただ、NMBにいる限り、NMBという看板を利用するだけでなく、きちんと背負った活動をすることも彼女の幅を広げることにつながります。単体ではなくグループということで埋もれてしまう危険性…に関してはきっと危惧する必要はないでしょう。でも私はまだ選抜の世界推しがMステに出てテレビに1秒だけ抜かれてそこだけを死ぬほどリピって永久保存版みたいなタイトルをつける、そんな世界はまだ行けてないです。自分の大好きな人がテレビいっぱいにうつる、Twitterで今可愛い子だれ??って言われる、そんな経験がやっぱり私はしてみたいです。

 

 

あんちゅの強い目、繊細なところ、綺麗な足、実は手の先のダンスが好きだったりします。B2に行ってもあんちゅらしくがむしゃらに頑張ってね、たまには弱音を吐いてね、フラグを出しすぎるのは焦るのでやめてね、でもそういうところも可愛いと思ってます、あんちゅの魅力にいつか世界が気づいてくれますように。

 

 f:id:ailovenews2:20161020021622j:image

何もできないヲタクが午前2時より愛を込めて。

 

悪い芝居「春よ行くな、」

アイドルヲタ兼悪い芝居ファンになりつつありますので書きます。

 

 前公演の感想はこちら

悪い芝居「メロメロたち」を見て~石塚朱莉推し目線より~ - 一生思春期。

メロメロス - 一生思春期。

ネタバレっていうかもはや何がネタバレなのかわかんないけど、言い方変だけどなんでこんな気持ち悪い気分を抱かせるのが上手なんですかね。

 

実は本当普通に行くか迷ってて、前公演メロメロたちめちゃめちゃ好きだったし、でもそれバンドだったからじゃん??あんちゅいたしとか思いながら予約開始日2、3日過ぎたら後輩からお誘いがあって重い腰をよっこいしょとあげて予約した春よ行くな、。次の日に東京に面接行かなくちゃいけないって前日に決まって。スーツケース片手に迷惑だろ、いや、烏丸ロッカーどこだよってか烏丸ってどこだよ、あ〜〜いや〜〜もういっそこれは悪い芝居見て、気分晴らして面接に挑もうとか思ってたわけですよ。(まさしく戦)私B列だったんで、いやくそ最前じゃないのかよ〜〜、え、ってか前のおじさん裸足なんだけど?つぶやこか???え?隣のお姉さんも??え??ここ土足禁止なの??え??ミスった??ってキョロキョロしてたくらい気が抜けながら開演待ってた。

 

で、見終わった後に思ったのは、気持ち悪〜〜はぁ〜〜重〜〜眠れないやん…明日面接なんすけど、まじ敵にしか見えないやん…って感じです。

 

 帰りに台本買うか迷ったけど、言葉にして自分の中に受け入れることがまだ出来なくて買えずに、頭からあの日から離れないライフイズラブリーたちを買って、思いがけず太郎さんにありがとうって言ってもらえたのに、周りの人たちが敵にしか見えなくて怖すぎて肩すくめながら帰った記憶しかないです。いや、まじそこだけもっかいやり直したい。

 

何がって、公演始まったとき、「うわ〜〜まじこいつら全員嫌いな奴しかいないじゃん〜〜まあ、世話焼きがうざいとか基本キャピッてきもいやつとかまぁおるわな〜〜」とか思ってたんだけど、途中で気づきました。あ、これ自分だって。キツかった。苦しくなって席から逃げたくなって。内輪ノリのキモさとかは全然わかってるつもりだったけど、内輪の中の人の心の気持ち悪さが存分に描き出されてて、いや本当にとにかく嫌こんなの見たくないって思った。

 

人なんて喋ってるものの9割方本心じゃないし、本当じゃないし、でもそんなの嘘か本当かなんて考えながら聞いてないし話してないし、考えたくないものとして生きてたから、ここまではっきり描き出されるとしんどいっていうか心がついていかないっていうか。

 

でも、それが綺麗に描き出されてて。まぁそれは美しいくらいに。

 

私の話にはなるけど、先週財布すられて五万なくなって、次の日ずぶ濡れで自転車こわれて人生地獄底辺すぎるな??って思ってたけど今生きてる世の中ずっと地獄だったなって思った。Twitterとかで「まじ親友、こいつなら全部話せる」とか言ってる人いるけどそんなの絶対嘘だと思ってるし、そういう全部は一部しか知らない全部だし、でも現実はそれでよくて。一生彼氏つくらん!の一生が一ヶ月と同意なのと同様に、永遠とか絶対なんて言葉になんの意味もない。言葉なんて吐き出してしまえば全部全部意味なんてない。結局世界で自分のことを全部知ってるのは自分しかいなくて、「寄り添って生きてる」とか「1人じゃ生きていけない」って言葉に疑問符抱えるのも事実で。

 

いやー、でも自分だけじゃ生きていけないのも事実で。誰かの必要な嘘が優しくて、残酷な現実が優しいのか。悲しかった。ここが一番私にとってもやもやしたところで今でもズサって刺さってしまうところ。

 

たぶんこれだけ読んだらめちゃくちゃ鬱でもやもやしてると思われると思うけど、事実そう。でも、なんかすごいグサグサ刺さってくるからすごい見ててゾワゾワする。怪物。是非みてください。

 

京都芸術センターでの公演、夜だからか講堂の柱とかがすごく映えてて、素敵な場所でした。

 

東京もあります。是非みてください。

↓ご予約はこちらから

http://waruishibai.jp/864197re/

 

この文章を夜行バスに乗る前のマクドで打ってるので、周りに見られていないことを祈っています。

 

 

では、また

 

(途中マッサージシーンで彬さんがキョロキョロしてたのちょっと面白かった)

メロメロス

私は今強烈なメロメロスにかかっている。

 

 

f:id:ailovenews2:20160720234549j:image

 

メロメロスとは悪い芝居「メロメロたち」を見てからというもの頭が怪物ライフイズラブリーに乗っ取られて命燃やして生きなあかんし、もっかいメロメロたち見たいぞ〜〜う〜〜ガルルルっていう感情のことです。

http://waruishibai.jp/mr2/

 

見てない人には全然わからないので、ぜひ見て欲しいなーって思いながらこの記事を書いてます。theステマ

 

前の記事では初めて応援している石塚朱莉ちゃんが主演として舞台に立った素晴らしさ美しさについてしか描けなかったので、私をメロメロスにさせるそのストーリーについてちょっと考えたい。

悪い芝居「メロメロたち」を見て~石塚朱莉推し目線より~ - 一生思春期。

 

 

たふんめっちゃネタバレしてます。自己責任でお願いします。東京行く人にオススメしたいのに、ネタバレしてる矛盾が生まれていますが、ちょっとでもあ、生で見たいかもって思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

テーマはたぶん戦争と音楽と愛にちょっぴりのエロを和えた感じ。

 

ちょっと今どきの子ぽくというか主人公がそういう口調だったので、そういう感じで書きます。

しょーじき、あたしは戦争とかむっちゃ遠い話やし、最初聞いた時、なんでそんなテーマなんやろ?って思った。で、初見の時もなんでこんなに銃をぶっぱなす劇にするんかも正直わからんくて、演出で何箇所かデジタル化してるし、制服も今の全員一緒のセーラー服よりも100倍くらい可愛いし、近未来やけど、それがどう繋がるん??って思ってた。

それが、2回、3回って見るにつれて自分が舞台側にたってる気分を味わえるようになって。

 

そしたらただただ音が爆発してたのが怖かったのが、意味を考えることが怖くなってきて。

 

たみが戦争の前の訓練で少しずつ狂っていったのもつづきがメロメロにハマったのもたぶん戦争の高揚の雰囲気が世の中を覆っていて自分の世の中の閉塞感とかいろいろ感じてたっていうタイミングが一致したからかな。

戦前は戦前であることを知らないって言葉にハッとして。うーん、うまく言葉に表せないけど

 私がこの舞台にはまったのもタイミングだし、下ネタとかサバイバルとか苦手だけど、なんか心にグッときて。世の中いつもかもしれないけど不安定だし、自分の将来不安感じちゃうし。でもこの舞台はそんな自分も全部全部全部認めて燃えるようにして生きよーぜ!って言ってくれて。

今どきはっきりした言葉で聞こえることがないからすごく心にグッときて。

 

主人公もあるきっかけで自分の見たことのない一面を知ってしまう。自分のことが一番わかってるはずなのに自分が一番わかってないみたいな時あるなーって思っちゃった。思わず自分に見えた。嫌だなって思った。

 

でもでも、主人公つづきには一緒に笑って泣いてくれるたみちゃんがいて。2人は戦ってやっとつづきは聞こえない音楽の呪縛から解き放たれて、最後に誰のためでもない自分のための音楽を全身全霊で歌う。

 

すごくすごく素敵だった。

音楽を通じて周りの言葉が聞こえなくなってしまったつづきが、音楽によって生を取り戻していく感じ。

 

いろいろ考えて、自分のことが嫌になったり、苦しくなったりしたけど最後につづきが救われたときに私も何かわからないけど心が軽くなるというか。あの彼女ひとりに当たるスポットライトが希望にしか見えなくて、すごくすごく好きでした。

 

物語全体も大好きだし、この舞台の見どころはそれだけじゃなくて音楽も最高で。

 

ライフイズラブリーが2回ばかし登場してくるんですが、意味合いが違いすぎて本当に同じ曲って??何回もなった。それくらいどっちも好きです。あとSEも最高でしょ。あの竹の音とかセミの声、つづきが「○○茶や!」って言った暗転する時のあの2音!!たまらなく好き!!え、その2音そんなかっこよくなる???って100回くらい終わってから考えてる。たみちゃんがひとりで舞台にいて場面転換するときのスポットライトの当て方も好きだし、ちょっと主人公たちの心が動く時にドラムのタムがクレッシェンドするのもすごくゾワゾワしてバンドヤバイバイって感じ。ちょっと語彙力ないけど。

 

 

 

こっからは私が好きなポイントの羅列。

つづニャンの登場の仕方が美しすぎる。あれ毎朝の目覚ましにしたい。二幕の最初はみんな気づいてない時もあってソワソワする。

ふりかけがバンドメンバーを紹介した後のメンバーがチィっすみたいなのするのも好きだし、ベースの恋さんのあの音かっこよい。好き。あの3秒くらいで恋さんの虜になる。

絶対くんは貪欲に生きようとしてるんだと思ったけど、夢くんはどちらかというとそんな場面でも冗談言って夢だと思ってたい人だしその対比も面白い。立場は逆だけどよくあるこういう構図。絶対くんかっこいいよなー。つづきちゃんもうちょい現実にも目を向けてあげて欲しい。せめてクラスメイトの名前は覚えとこや。

あ名前で言ったら終からつづきのストーリーが動き出すの素晴らしすぎると思う

ともこはほんままじ○っπ。でもこの人のあるセリフグッとくる。ちゃんと信念持って自信もって生きてる人ってこんな強いんだって感じ。あのロードムービーへと向かう音楽好きすぎるwNMBライブツアーチームMの時の自己紹介を思い出しちゃうのはヲタクだからです。

たみ親子って似てないようで似てるよね〜ふとした言い回しが一緒だったり。お母さんの迫力と美しさがすごくてずっとすごいなー無言でもなんだろあの圧力って思ってた。

ろくろうは私が唯一理解出来ない登場人物。あいつ一番普通に見えて一番クレイジーちゃう???誰か解釈を私にください。

あめたろうは最高。

ようぞうとしゅうちゃんはもうすごいシンメ。飼い犬と飼い主。友達。支え合いすぎ。この2人がいたら最強感がすごい。私に新しい世界を見せてくれた存在。

あのようぞうちゃん!はい!最高すぎて1人で家で飛んでる。あーーー劇場で私ももっと身体動かしてやりたかった。心だけしか動かせないの辛い辛いつら。

 

ただおうちでDVDが出たら身体は動かせるけどあそこまで心は動かせないなー。

あーーーもっかい生で見たい。見れば見るほど見たいポイントが増えていって、なんだろこれが舞台の楽しみ方とはちょっと違うかもしれないけど。私の敵(テスト)はもはや真後ろにいる状態なのが悔やまれる。

 

はぁー。メロメロたち見てる時色々考えてるようで何も考えてないのかもしれないし、なんなのか全然わからないけどとにかく楽しくて、でも家帰ったら3時間寝ちゃうくらいには疲れ切ってて。よくわからんけど怪物って感じ。

 

一列目で見た時はドキドキしなかった所で最後列に座った日にドキドキしたりもうほんとクレイジーで意味わかんないです。

 

東京公演がまだ行われていないので、迷ってる人とか最近なんか楽しいことないなー音の波に溺れたい人はぜひ見ることをオススメします。。。

 

最初につづきっぽい口調で書こうと思ったのに全然できなんだ……。

 

ほな!

 

 http://waruishibai.jp/mr2/

↑ここから東京公演(赤坂)買えます

 

 ps舞台観劇慣れてない方へ

どうしたらいいかわからないかも知れませんが、楽しい時は笑えばいいしエモーショナルになったら泣いてもいいし、ただ最初に言われる観劇における注意(携帯はバイブじゃなくて電源から切るなど、館内写真撮影禁止〜)などはちゃんと守ればオールオッケイだと思いますので。

 

 

悪い芝居「メロメロたち」を見て~石塚朱莉推し目線より~

舞台に好きな人が出るということでバイアスがかかることは承知の上でお読みください。

 

普段の公演では、基本的に真ん中でなければ端っこよりの間くらいの立ち位置、最新に出た序列では下から数えたほうが早い私の推し、そう石塚朱莉ちゃん主演で「メロメロたち」という舞台をしています

リンクはこちら

http://waruishibai.jp/mr2/

 

まだ舞台を見ていない人も多くいると思いますし、何その舞台??みたいな人もいると思いますので、ネタバレしない程度、自分のメモ書きとして初見の感想を書き残したいと思います。

 

見終わって最初に思ったことは「こんな舞台に出会わなきゃよかった」

自分が今までに見てきた石塚朱莉が最高で最強にかわいいアイドルだと思ってた

舞台上にいる石塚朱莉は自分をさらけ出してた

なんていうのだろう。第一幕と第二幕の間にある出来事が起こり、石塚朱莉演じるツヅキちゃんが変わるわけではないけれど、いろいろ変化が起こる。

正直第一幕はあまり私の思うツヅキちゃんイメージとあんちゅのツヅキちゃんが離れてて少し違和を感じてた。

めちゃくちゃつよいふりをして虚勢心はって心であなたが何を考えているのかはばれないようにしてるのがばれちゃってる感じ。改めて考えると第二幕では吹っ切れたツヅキちゃんになるので、第一幕のツヅキちゃんはそれに比べるとどこにでもいるっちゃいる感じの子。ちょっと早口になると滑舌が悪くなるのもなんか普通の女の子って感じだった。それとくらべると第二幕が一気に生を得た感じになって、生き生きと舞台を暴れまわりだした。

最後に行くにつれて展開が早まるってわけじゃないけどロードムービーと謳うからか本当にころころツヅキちゃんの表情が変わっていったのがすごく印象的だった。

そしてラストにかけてツヅキちゃんが歌うシーン。音楽なんてなければよかったのにというコピーをもちながら、音楽が彼らの中心にあるべきものとなっているのが面白い。

石塚朱莉一人で歌うのなんて実際NMBなら1パートあるくらい。きちんと彼女の歌を聞くことなんてありません。でも1フレーズごとにきって言葉をかみしめるかの如く歌うのは石塚朱莉ではなくツヅキであったし、ツヅキとして一つの光を一身に浴びてマイクを持って石塚朱莉がすごくすごく美しかった。かっこよかった。

思わずなぜか涙があふれてしまったけれどこれは何の涙だったのだろう。

ただただ美しかった。

 

細かい演出は多すぎて全然つかみきれてなくて悔しい。あと2回は行くつもりだからちょっとでもつかみ取りたい。

あと細かいとこだけどツヅキたちが西の人間のはずなのにセブンイレブンをセブンって略すのめっちゃびっくりした。関西ってセブイレっていうのが普通だと思ってた。

開演前のロシア語、ちょっとぎりぎりだったから数字しか聞き取れなかったけど、ほかの会話のあれにも意味があるのかしら。

ツヅキちゃん東の人間にもとかのくだりは石塚朱莉をモデルにしてくれてるんだなって思った。石塚朱莉がツヅキなのかツヅキが石塚朱莉なのか正直あんちゅの性格的に染まりそうだとも思うし、でももともとそういう性格だしなと思っちゃうけど、第二幕の畳みかけて自分で崩壊してしまう感じは石塚朱莉っぽいなって思った。あそこらへんは豹変しててうまいな。

 

 

こんな舞台なければよかったのにっていった意味。

私の知らない石塚朱莉がいたからっていうのがそう思った理由だと思う。

ずっとあんちゅはやみやすくて、めっちゃ悩みまくっててでも最高にクレイジーな生き方をしてるって思ってて。でも、あんちゅはそれもあんちゅだけど強く美しくかっこいいのもあんちゅなんだって。知ってるようで知らなかった。悔しい。あそこまで自分一人に注がれたスポットライトが似合う人だったなんて。自分だけ違う色のスポットライトが似合う人だったなんて。知らなかったけど、知りたかった。知れてよかった。

 

でも今は見てない人かわいそうだなーって思います。

この舞台生で見ない人とかわいそーって思っちゃいます。

最後のカーテンコールで満面の笑みを見せながらもはけるときはちょこっとお辞儀をするあんちゅ。

落ちている野生の○○をパクッって食べたときはやっぱこいつ頭おかしいって思った。

 

けど、石塚朱莉はすごい人だった

まだ彼女のことは全然知れてないし未知なる可能性がどこまであるんだろうって思った。

実際、この舞台も絶対化けていくし、第一幕での私の違和は解消されていくと思う。東京にテスト期間まるかぶりにした人は恨むけど、めっちゃ楽しみ。

 

石塚朱莉がこの舞台に選ばれてよかった。

石塚朱莉がこの舞台をしてくれてよかった。

石塚朱莉を応援していてよかった。

 

もっと世界が輝くように燃えるように生きなきゃね。

PS:あんちゅから買ったTシャツを着て今日は眠りにつきます。

 

 f:id:ailovenews2:20160717010451j:image

最後にもう一回リンク貼っときます

音の波に溺れたい人疲れたい人はこちらからご購入してください

 

http://waruishibai.jp/mr2/